予約はこちら.png予約はこちら.pngTwitter.pngTwitter.pngFB.pngFB.png

BG-FIT_940_300.jpg

Body Geometry FIT with Retül
楽に、速く、長く乗り続けるために。より効率的なペダリングとより快適なライディングフォームを実現するには、バイクとの最適なフィットが欠かせません。また故障のリスクを低減するためにも不適切な状態で、体に負担をかけることは避けたいものです。
Body Geometry FIT with Retül (ボディージオメトリーフィット・ウィズ・リトゥール)とは、従来よりバイクフィッティングをリードしてきたボディージオメトリーフィットに、SPECIALIZED公認の計測機器Retülを加えることで、いままで以上に正確かつ客観的に、そして効率的に最良なフィッティングを提供するサービスです。

logo_BGFIT.jpg

「Body Geometry FIT」はバイクとライダーの調和をもたらし、一体化させる最良のフィッティングメソッドです。人間工学に基づき開発され、科学的に検証されたバイクフィッティングのリーダーです。バイクと身体が接する3点すべてにおいて、バイクとエキップメントのシステマティックな調整によりパワー、持久力、そして快適性を最大化します。それにより、私たちの自転車生活をより豊かなものにしてくれます。
プロとしてトレーニングを受けたスペシャライズド認証フィットテクニシャンが全工程を自信を持って担当します。まずライダーがライディングに求める目的、サイクルスポーツとの関わり方やその他のスポーツ経験、病傷歴などを伺い(事前インタビュー)、ライダーの身体的特徴や筋力を評価しそこから得られた情報を参照しつつ(フィジカルアセスメント)、各個人が求めるニーズに応じた最適なライディングポジションを提案、バイクを身体にフィットさせていきます。

IMG_4697.jpg



「Retül (リトゥール)」がつくるバイク計測器具は、その精密さと効率性によって非常に高い評価を得ています。Body Geometery FITを実施していくにあたり、特にトライアスロンやTTバイク向けのエアロバー周りは複雑で繊細な調整が要求されます。その作業もダイヤルによって行えます。
また、サドル位置を調整するたびにライダーはペダリングを止め、サドルから腰を浮かしたりバイクから降りたりする必要がありました。Retül のサイジングバイクMüve(ムーヴ)を使用すれば、乗車したままハンドル位置を上下前後に、ペダリングを続けたままサドル位置を1mm単位で変更できるので、ライダーはポジションの変化を体感しやすく、短時間で最適なポジションを得ることができます。


Müve を使えばFRAME FINDER(フレーム・ファインダー)というデータベースを基に、仮想のフレームサイズをセットして確認することも可能です。フレームサイズに疑問や不安のない、間違いのないバイク選びをアドバイスさせていただきます。
Müveではクランク長を簡単に変更し、脚長と可動域に合ったクランク長も選ぶことが出来ます。実車では交換を高いコストや労力がかかり試すことは難しかったのですが、実際にペダリングしながら好ましいクランク長を見つけ出せます。
プロ選手のようにシューズとペダルを持参してもらえればバイク実車が無くても、最適なフィッティングはもとより、フレームを始めサドル、ステム、ハンドル、クランクなど各部のサイズ選びをを行うことが可能となりますので、遠路でも身軽にお越しいただけます。

IMG_4696.jpg



Retül の計測システムであるVANTAGE SYSTEM(ヴァンテージ・システム)とWIRELESS HARNESS(ワイヤレス・ハーネス)。HARNESSはライダーの身体の測定部位につけるマーカーです。 ライダーの身体に取り付けた各HARNESSの位置情報をVANTAGE SYSTEMが読み込みこむことで、姿勢や動きを測定し、Body Geometery FITを施した結果を数値として客観的に確認することができます。また、LEDが埋め込まれたZinツール(Retül’s handheld digitizer)を使いVANTAGE SYSTEMがZinツールの動きを読み込むことで、正確なハンドルとサドル位置の計測を行います。すでにBody Geometery FITによって最適化された実車の計測、記録を残すことも出来ます。

IMG_4704.jpg

メニュー1-5.png

メニュー2-5.png

IMG_4701.jpg

Body Geometry FIT with Retülのご予約は、予約フォームよりお寄せください。

予約はこちら.png予約はこちら.png

お問い合わせ:info@endurelife.co.jp

フィッティングに関するよくあるご質問とお問い合わせ