Profile
Kenji Takeya

 
Kenji Takeya

竹谷 賢二 Kenji Takeya
1969年11月7日生 東京都出身
エンデュアライフ代表
スペシャライズド契約アドバイザー
日本マウンテンバイク協会公認インストラクター
財)日本体育協会公認スポーツ指導者自転車コーチ
Body Geometry Fit スペシャライズドジャパン認証フィットテクニシャン
Facebook  Twitter  Instagram
竹谷賢二オフィシャルブログ「TK-BLOG」 Powered by Ameba

フルタイムワーカーとして働きながらMTBレースに参戦し、1999年、チーム・スペシャライズドに加入。2000年に初めてMTB全日本選手権優勝を果たし、31歳でプロライダーに転向。その後も3度全日本選手権を制し、計4度の全日本チャンピオンに輝く。2004年、MTBクロスカントリー日本代表としてアテネオリンピックに出場。2002年には釜山アジア大会で金メダル獲得、2004年にはMTBアジア選手権大会でも優勝を果たすとアジア一の実力者でもあった。
2009年の全日本選手権を最後にMTBプロライダーを引退。現役引退後はスポーツバイク・アドバイザーとして活動を開始し、トップアスリートとしての経験を活かして各種レースやイベント、スクールで持っているノウハウを惜しみなく提供。スポーツバイクの適切な普及と発展に携わる。客観的な科学的トレーニングとわかりやすいライディング理論に定評があり、著作や各種メディアの監修などを通し、全てのサイクリストのスキルアップ、レベルアップを目指す。
2012年より本格的にトライアスロンに参戦。ハワイ・コナで開催されたアイアンマン・ワールドチャンピオンシップ、マウイでのXTERRAワールドチャンピオンシップにおいて、それぞれ完走する「ダブル」を達成。2013年以降もアイアンマン・ワールドチャンピオンシップに出場。国内外のトライアスロン大会でもプロに肉薄するパフォーマンスを発揮している。現在、放送中の自転車情報番組『チャリダー★ 快汗! サイクルクリニック』(NHK BS1)にサイクルアドバイザーとして出演し、適切な乗り方をわかりやすく、そして面白おかしく伝えることにも奮闘中。
成人してから始めたスポーツバイクでサラリーマンからプロに転身、オリンピックまで上り詰めた経験と視野の広さ、そして引退後の非常に数多くのイベント、スクール、そして著作などの反響を活かして、より多くの人のライディングが効率的に向上していく効果的なレッスン、そしてエンデュランススポーツへのモチベーションアップしていくプログラムの提供を実現していく。

Kousuke Matsuda

 

松田 航介 Kousuke Matsuda
1985年12月19日生 東京都出身
エンデュアライフ ディレクター
スペシャライズド アンバサダー
Body Geometry Fit スペシャライズドジャパン認証フィットテクニシャン
公益社団法人 日本トライアスロン連合公認初級指導者

2005年に日本体育大学入学後、トライアスロンを始める。在学時には日本学生トライアスロン選手権(インカレ)にも3度出場。好きなパートはバイク。乗るのもいじるのも好きだったという興味が高じて、卒業後はサイクルショップのメカニックスタッフとして勤務。真面目な接客と確実な作業で好評を得た。仕事の傍らトライアスロンのレースに参戦し活動を続けている。パーソナルコーチングの実績もあり、客観的で的確な分析と真摯な応対により、初中級者にとってわかりやすい指導を提供してきた。
Body Geometry FIT with Retülのバイクフィッティングのフィットテクニシャンとして、フィッティングの重要性を広めながら、ライディングスクール、プライベ-トレッスンなどを通じて多くのサイクリストやアスリートの向上をサポート。弛まぬ探究心と、親しみやすさを活かして、常にその人の今に合わせた無理のないライディングを提供していく。
エンデュランススポーツでは現在取り組んでいるオリンピックディスタンスに加えて、今後はロングディスタンスのアイアンマン、MTBなどにも挑戦、視野と活動の幅を広げつつ、自身の向上を目指し続けている。

TK's Race Highlights
2018年

IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ41位(総合470位)
全日本トライアスロン宮古島大会 総合10位
MTB全日本選手権マスターズクラス 年代別1位(総合2位)

2017年

IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ22位/日本人男子1位(総合309位)
XTERRAワールドチャンピオンシップ(マウイ)エイジ3位(総合64位)
MTB全日本選手権マスターズクラス2位

2016年

IRONMANアジアパシフィックチャンピオンシップ(ケアンズ)エイジ6位(総合49位)

IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ44位(総合488位)
MTB全日本選手権マスターズクラス優勝

2015年

IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ23位(総合349位)
MTB全日本選手権マスターズクラス優勝

2014年

IRONMAN JAPAN 北海道 エイジ1位(総合19位)
IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ68位(総合658位)

2013年

IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ183位(総合973位)

2012年

IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ)エイジ92位(総合581位)
XTERRAワールドチャンピオンシップ(マウイ)エイジ39位(総合99位)

2009年

MTB全日本選手権2位 MTBプロライダーを引退

2007年

MTB全日本選手権優勝

2006年

MTB全日本選手権優勝 ジャパンナショナルランキング1位 ジャパンシリーズ総合優勝

2004年

五輪日本代表選手選考大会優勝 アテネ五輪日本代表 アジア選手権(フィリピン)優勝
MTB全日本選手権2位 ジャパンナショナルランキング2位

2003年

MTB全日本選手権優勝 ジャパンナショナルランキング1位

2002年

アジア競技大会(韓国 釜山)優勝 ジャパンシリーズ総合優勝

2001年

MTB全日本選手権2位

2000年

MTB全日本選手権優勝

Books

 
もっとラクに速くなる!
知識ゼロからの
ロードバイク完全メソッド
 
 
Kenji Takeya

『ロードバイクの作法 やってはいけない64の教え』

 
“NHKの自転車番組『チャリダー☆』にレギュラー出演中で、人気ブランド・スペシャライズドの契約アドバイザーを務めるなど、サイクリストに認知度と信頼感の高い著者が、基礎の基礎からベテランでも目から鱗のノウハウまで、ロードバイクの作法を指南する”
多くの方はかつての私と同じフルタイムワーカーでしょう。限られた時間のなかでサイクリングを楽しみ、より速く、より遠くまで走れるようにトレーニングを重ねている人も多いと思います。そんな方々に、これまで私が培ってきた効率的なトレーニングとライディングスキルを伝授するのが本書の主眼です。ペダリング、フォーム、トレーニングの考え方など、参考にどうぞ!!
 
著作:竹谷賢二
出版:SBクリエイティブ
定価:864円(税込)
発売:2017年7月6日
ご注文はこちらから

 
もっとラクに! より速く!
かつ安全に!
すべてのライダー必読・必見の
ランディングDVD BOOK
 
Kenji Takeya

 『DVD BOOK バイシクルライディングブック』

 
スポーツバイクは自分のカラダを使って行うスポーツ。バイクを動かしているのはライダー自身であり、より楽しく、より安全にバイクライディングを続けていくには、ライダー自身をいかに向上させるかを考えることが重要。
ライディングフォームやペダリングはもちろん、ダンシング、ブレーキング、コーナリング、上り・下り、集団走行、トライアスロン、セーフティライドと、ライディングスキルのすべてを網羅。本と映像から理論と習得のポイントを理解し、バイクなしで体感し、バイク上で再現して、スキルを身につけよう。
TKが手がけた、バイクの乗りこなしに特化した DVD BOOKです!
 
著作:竹谷賢二
出版:ベースボール・マガジン社
定価:1,944円(税込)
発売:2012年9月20日
ご注文はこちらから

 
ほとんどの人のペダリングには
50%のロスがある?
かっこいいフォームが
最適なフォームとは限らない!
 
Kenji Takeya

 『バイシクルトレーニングブック』

 
レースに勝ちたい! ヒルクライムで記録を出したい! 長距離レースを完走したい! という思いを叶える、スポーツバイクのトレーニングに特化した、これまでにない書籍が完成しました。
わからなかったトレーニングのことが、この本ですべてわかります!
ロードバイクであろうと、マウンテンバイクであろうと、トライアスロンバイクであろうと、アスリートでもホビーライダーでも、スポーツバイクで強くなりたい人にとって一生もののテキストに!
 
 
 
 
著作:竹谷賢二
出版社:ベースボール・マガジン社
定価:1,944円(税込)
発売:2011年9月26日
ご注文はこちらから